2016年2月18日木曜日

iPod vs WALKMAN!まだ信じてる?DSEE HXとハイレゾ音源

はじめまして
橋本浩幸と申します!

今回は永遠の争いである、
iPodのWALKMANの比較を
ご紹介したいと思います。

WALKMAN本体の画像

よく、iPodは音が悪い!
買うならWALKMANとか、
遊び・オシャレ・機能で選ぶなら
iPodと言われてますが、
私はこの選び方を
ナンセンスと考えています!!

なぜなら、音の傾向
両機で異なり、
両機が得意とする、
音域が違うからです!

しかも、付属イヤホンの形状が
それぞれについているものは、
同じ形状のものではありません!
イヤホンの形状については

↓↓下記の記事を参照してください↓↓
インナーイヤー型とカナル型について

なので、比べる対象が違うと
私は考えてます!

なので、この記事では、
両機の特徴と機能を
ご紹介していきたいと思います!

目次



  1. はじめに
  2. iPodの特徴
  3. WALKMANの特徴
  4. まとめ


はじめに


まず、iPodとWALKMANで何が違うの?
これは、決定的な違いが2点あります!

iPodとWALKMANの相違点


  1. 付属イヤホンの形状
  2. イコライザー・サラウンド設定

1.大きく分けてイヤホンの形状に
インナーイヤー型とカナル型の2種類が
ありますが、iPodはインナーイヤー型
WALKMANはカナル型です!

2.そもそもイコライザー機能とは、
低音域・中音域・高音域のバランスを
整える機能のことです!
つまり、本当の使い方はできるだけ
フラットに近づける使い方です!
最近は、ドンシャリとかいろいろ
言われているタイミングですので、
低音重視とか高音重視という風に、
自分好みに調節する使い方が
流行っていますね!

iPodの特徴


では、iPodの特徴を
ご紹介していきます!

iPod付属イヤホンの形状


これは、前の記事にも書いてますが、
iPodはインナーイヤー型です!
すっぽり付けるタイプです。

特徴としては、
中音域・高音域
得意とします!

iPodイコライザー機能


iPodにはイコライザー機能は
ありますが、
マニュアルの設定ではなく、
プリセットのみとなります!

なので、自分好みの音
作りたい方は、
不向きとなります!

ただ、フラットで聴きたい方や、
イコライザーについて
わからない方には向いてます!

iPodで再生できるLossless


MP3と同じような圧縮形式で、
Losslessというものがあります!

そもそも圧縮とは、
人間に聞こえにくい音域を
カットすることです!

ソースがCD音源とすれば、
CD音源(WAV)には、
人間に聞こえない音域が
たくさん入ってます。

MP3は音楽プレイヤーの
容量を節約するために、
人間に聞こえない音を
カットしています!

Losslessは圧縮するのですが、
再生する時に、
カットした音域を元に戻して
再生することができ、
CD音源と同じ音質で
再生することができます!

このように、
元に戻すことができるものを、
可逆圧縮(Lossless,FLAC等)、
戻せないものを、
不可逆圧縮(MP3,WMV,AAC等)
と言います!

しかもLosslessは、
容量は圧縮するので、
CD音源の半分の容量で、
収めることができます!

CD音源(WAV)が
一曲50MBとすれば、
Losslessは25MBです!

MP3は、
人間に聞こえない音を
カットしていると言いますが、
逆に聞こえる部分
局所的にフォーカスされ、
すごくバランスが崩れます!

聞こえない音域も
含まれることによって、
いろんな所にフォーカスが
当たりバランスが良くなります!

そもそも、MP3とCD音源(WAV)の
音質が同じであれば、
CD音源(WAV)を、
CD音源(MP3)にすればいいでしょ
って思っちゃうくらいです!

iPodの音の傾向


イヤホンの形状や
イコライザーの設定から
原音重視フラット寄り
と言う事ができます!

(ここでの原音とは、
生音の原音ではなく、
ソースダイレクト
原音の意味で使ってます!)

余談ですが、ハイレゾ音源が
出回ってきてますが、
iPodで聴くと元々中音域高音域
よく鳴っているので、
ハイレゾ音源に近い音
聴くことができると思います!

そもそもiPodはフラット寄りなので、
Losslessで聴くと、
さらにバランスが良くなり、
なお良いかもしれません!

へたに、ハイレゾ音源で聴くより、
バランスが取れているので、
iPodをおすすめします! 
(詳細は下記のWALKMANの
所に書いています。)

iPodなら、
iPhoneと同じで、
アプリもダウンロードできる
iPod Touch 32GBや、
大容量でおなじみの
iPod Classic 128GBがあります!

Classicなら、
Losslessもいくらでも
入れることができるので、
おすすめですね!

スポンサードリンク

WALKMANの特徴


続いて、WALKMANの
特徴をご紹介します!
(2015年以降に発売機種!)

WALKMAN付属イヤホンの形状


これは、前の記事にも書いてますが、
WALKMANはカナル型です!
耳の奥にしっかりと付けるタイプです!

特徴としては、
低音域を得意とします!

WALKMANイコライザー機能


WALKMANのイコライザーは
マニュアルです!
5バンドが採用されてます。
お好みの音作りが可能です!
低音重視も可能です!

WALKMANサラウンド(VPT)


WALKMANには、
サラウンド機能がついてます!
iPodには無い機能ですね。
スタジオ・ライブ・クラブ・
アリーナ・マトリックス

WALKMANのDSEE HX


これは、仮想ハイレゾです。
MP3やAACの音源を、
擬似的にハイレゾ音源に
処理して再生する機能です!

そもそも、ハイレゾとは、
High-Resolutionと言い、
直訳すると高解像度です!

要は、音の情報量が
非常に多いとのことです!

CD音源の情報量の約6.5倍
あると言われてます!
人間に聞こえない音域が、
CD音源よりも断然多いです!

ただ、DSEE HXは、
ハイレゾで、
MP3は不可逆圧縮なので、
カットした部分は
元に戻りませんw

WALKMANの音の傾向


付属イヤホンがカナル型ということと、
イコライザーがマニュアルということで
低音もよく効きます!

余談ですが、
WALKMANで聴く、
ハイレゾ音源やDSEE HXは
かなり音質が良いと言われますが、
正直、中音域・高音域のボーカル等は
よく鳴っているとは思いますが、

それでも、鳴っているだけで、
質は良いとは言えないですね!!

なんというか、
ボリュームが大きくて、
それなりに聞こえている
だけな感じですかね!

また、低音に関しては正直全然です! 

しかも、低音はタイトでもなく、
量感もありません!

なので、バランスが悪すぎます!
どうしたSONYって感じです。

低音が無いと楽しめない曲では、
ハイレゾ音源やDSEE HXは
正直、おすすめできません!

それなら、iPodは、
原音重視でハイレゾ寄りの音なので
iPodをおすすめします!

低音が欲しいなら、
WALKMANで
イコライザーをマニュアルで
設定し聴いたほうが、
断然、ドンドン鳴ります!

まとめ


ここまで読んでいただき、
ありがとうございます!

両機の特徴をわかっていただき、
音の特徴がわかったと思います!

要は、好みの音で選ぶ必要があり、
聴くジャンルによって左右されます!

原音重視フラットを求めるなら、
iPodをおすすめします!
かなりバランスがいいです!!

逆に、低音重視で作った音を
求めるならWALKMANを
おすすめします!!
ドンドン系です!!

ぜひ、音が悪いという次元で
判断されるのは、
避けていただきたいと思います!

また、今流行っている
ハイレゾ音源やDSEE HXの
極端な情報に騙されないでください!

長々とありがとうございます!!