2016年4月4日月曜日

映画おすすめ!衝撃のラスト!カラスの親指の評価

はじめまして
橋本浩幸と申します。

今回は、邦画のおすすめの
カラスの親指をご紹介します!

映画「カラスの親指」のジャケット

この作品は原作が存在し、
道尾秀介」さんという
作家の方ですね!

ミステリー作家として、
かなり有名です。

代表作品は
向日葵の咲かない夏」です!

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに



映画「カラスの親指」は
どんでん返し系ミステリーです。

豪華キャストが何人も
出演されていることも魅力です!

個人的には「村上ショージ」さんの
演技がすごく好きですね!

また劇中、伏線がいくつも
張り巡らされていて、
どんでん返しが頻発します!

何回も騙された後に、
最後の最後にもどんでん返しがあり、
どんなけーって感じです。

あらすじ



ベテラン詐欺師のタケ(阿部寛)と、どこかマヌケな相棒のテツ(村上ショージ)。ある日、ひょんなことからまひろ(能年玲奈)という少女と知り合ったのをきっかけに、二人は彼女と姉のやひろ(石原さとみ)、その恋人の貫太郎(小柳友)と共同生活を送るハメになってしまう。全員が不幸な生い立ちを背負っていたこともあり、彼らは次第に奇妙な絆を育んでいく。そんな中、タケが過去に自分が引き起こした事件が深く関わった大勝負に挑むことになる。テツやまひろたちも一致団結し、一大詐欺作戦が動き出すが……。

スポンサードリンク


評価



全体を通して、
笑いの要素もある映画で、
コメディ映画としても
評価できる映画だと思います!

メインのミステリー要素ですが、
基本的には伏線が存在します。

ただ、伏線が存在しますが、
決して分かりやすいという
わけではなく、
忘れた後に種明かしされます!

しかも、伏線が多すぎて、
簡単には見破れませんね!

どんでん返しの構成も
きっちり作りこまれていて、
オチのタイミングが絶妙で、
鳥肌ものです!!

そして、詐欺師のお話ですが、
物語が進むにつれて、
いろんな仲間ができます。

その仲間も個性が出てて、
見ごたえありです!

総合して全てにおいて、
完璧に作りこまれた作品で、
おすすめの映画です!

まとめ



ここまで読んでいただき
ありがとうございます!

いかがでしたか?

邦画でミステリーは
なかなかありませんが、
数少ない中でおすすめの
作品だと思います。

能年ちゃんも出演してますし、
石原さとみさんも出演されてます。

芸人さんも出演されているので、
個性的な仕上がりの作品だと思います!

また、何回騙されるんだってくらい
騙されるので、
楽しめるかと思います!

是非、騙されてください!