2016年4月27日水曜日

映画おすすめ!ZQNパニック!アイアムアヒーローの評価

はじめまして
橋本浩幸と申します!

今回は、4月23日公開の
アイアムアヒーローの評価を
ご紹介します!!

アイアムアヒーローの半券

ZQNパニックを
体験して来ましたw

目次



  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ


はじめに


原作コミックがあります。

作者は「花沢健吾」さんで、
現在も連載されています!

主演は「大泉洋」さんと、
「有村架純」さんです。

有村架純さんの、
ちょっとクレイジーな役は
かなりマッチしますね。

JUDGE」という映画に
出演されていましたが、
その演技も凄かったです!

クレイジーな役が似合う方って
鳥肌ものですよね...

あらすじ


漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。

スポンサードリンク

評価 


私は、原作を読まずに、
この映画を見たのですが、

ウィルスの発生原因や、
どういう状況で発症するのか、
また、対策についは、
きちんと説明されなかったです。
この部分はマイナスですね...

設定を知りたくて、
漫画を読みたくなってますw

前段の部分を知りたい方は、
漫画を読みましょう!


また、ZQNというネーミングがなかなか
斬新で良かったです。

完全に2ch用語ですねw


ゾンビ映画の前提である、
・噛まれると感染する
・音に反応する
・光に反応する

上記3点は前提として、
使用されていますね!

ただ、比呂美がZQN化しているのに、
なぜ、人間を襲わないのか?
なぜ、ZQNしか襲わないのか?
なぜ、半昏睡なのか?

人間とZQNの中立である、
ハイブリッドなのかな?
とも、予想しています!
漫画を読めば分かるのですかね?

なかなか謎が残っていますw

こういった前提や設定を
知っているともっと
楽しめたのかな?
と、思います!!

映画の構成自体は、
ゾンビ映画・パニック映画
さながら面白いです!

ZQNの襲うスピードや、
凶暴さはビビリます!!
ちょっと前のゾンビって、
走ったりできなかったですよねw

そして、最後には余韻
残す終わり方で、
先のことを妄想し、
考えさせられます!!

余韻を残す終わり方は、
個人的には好きですね。

まとめ


ここまで読んでいただき、
ありがとうございます!

映画全体としては、
面白い作品でしたが、
私の場合はやはり、
前提設定のところが、
気になりますね!!

みさなんも映画を見る際は、
漫画を読んでからの方が、
絶対楽しめると思います。

是非、漫画を読んでから、
ご覧ください!!