2016年5月20日金曜日

映画おすすめ!意外と深い!シビルウォーの評価

はじめまして
橋本浩幸と申します!

今回は、映画「シビルウォー」の
評価をご紹介します!

映画「シビルウォー」の半券

バトルがすごいだけでなく、
かなり内容が濃いです!!

目次


  1. はじめに
  2. 評価
  3. まとめ

はじめに


映画「シビルウォー」は、
キャプテンアメリカの、
シリーズの三作目のようです。

余談ですが、
私は一作目は見ましたが、
二作目は見ていないですw

アベンジャーズに登場する
キャラが登場するので、
アベンジャーズを見たほうが
いいのでは?と思いますが、

アベンジャーズを見なくても、
私は楽しめました!!

むしろ、アベンジャーズに出る、
アイアンマンアントマン等を
見ておいたほうがいいです!!

あらすじ


アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)。しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが甚大な被害を及ぼしたことが問題になる。さらに、それを回避するためにアベンジャーズは国際的政府組織の管理下に置かれ、活動を制限されることに。アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)はこの処置に賛成するが、自発的に平和を守るべきだと考えるキャプテン・アメリカはそんな彼に反発。二人のにらみ合いが激化していく中、世界を震撼(しんかん)させるテロ事件が起きてしまう。

評価


アベンジャーズとは、
公式の組織ではない、
テロ対策ユニットです。

また、おまけの要素として、
マーベル映画に登場するネタが
盛り込まれるということです。

今回は、「アントマン」が登場しました。
アントマンをご覧になった方にとっては、
テンションが上がると思います!

アントマンについての評価も
ご紹介していますので、
ご興味あればどうぞ!
↓リンクはこちら↓
映画「アントマン

スポンサードリンク

錯綜する葛藤


何かテロが起きれば、
アベンジャーズが阻止する
ということなのですが、
ある問題が生じます!

それは、テロを阻止できるか
という問題だけでなく、
テロを阻止する際に起きる、
周囲に及ぶ被害のことです。

キャプテンアメリカとアイアンマンの激突

例えば、世界で起こるテロを、
SWAT等がテロを阻止しますが、
そこで起こる周囲への被害
甚大なものであるということです。

世界には、様々な人種や、
様々な宗教が存在します。
それぞれ、考え方も違います。

テロ阻止が目的であるSWATに対して、
被害を受けた人種宗教によって
印象が違うということです。

テロ阻止によって、
被害を受けた人物が、
次はテロを起こすという風に、
テロは連鎖しているものだなと、
何となく思いました...

本来は皆のヒーローであるはずの、
アベンジャーズやSWATですが、
場合によっては皆を傷つける存在
なりかねないということを、
認識させられる映画でした。

まとめ


ここまで読んでいただき、
ありがとうございます!

ヒーローものの類として、
結構単純な内容が多いですが、

私の中では革新で、
マーベル史上かなり
内容の濃い映画だと思います!

もちろん、アクション映画でも
ありますので、
バトルもすごいです。。

また、アントマンが登場することも、
マーベルファンの心を
揺さぶるものだと思います。